調子どーよ的日記風味。


by wassupbaby

family(T+ A+J/ パラレル)

長いのでパタン
久々のSSアプです





リビングにある大きな窓に新しいカーテンが掛かっていた。
「あれ?カーテン替えた?」
「男三人のむさ苦しい家だ、少し明るくしておかんとな」
白地に小花のプリントを散らした垢抜けないカーテン。
前々から思っていた事ではあるけれど、アーロンのセンスは、微妙だ。
ハッキリ言ってしまえば趣味が悪い。
随分前に貰った手袋にはワンポイントに熊のアップリケが着いていた。
『暖かそうだったから』という理由で選んでくれたらしいけど、アーロンは一体オレが幾つになったと思ってるんだろう?
悪いなとは思いつつ、タンスの引き出し奥で熊はずっと冬眠中だ
だけどユウナのオヤジさんよりはまだマシかな。
あれは、悪趣味としか言いようがない。
ユウナの家はきらびやかな内装のすごく立派な家だ。
ただし、至る所にオヤジさんの写真や絵が飾ってある。
トイレでもオヤジさんのスマイルに遭遇した時には見られているようで思わず隠してしまった。


黙々と食器を洗う背中がごつい主婦に見えてくる。
――気付いてないかもしれないけど、あんた、この辺じゃ結構人気あるんだぜ?
心の中で話し掛けてみる。
みんな家での姿を見たらビックリすんだろうな。
アーロンの背中にこっそり笑いを漏らすとリビングのドアがガチャリと開いた。
「あー腹へったぁ…」
寝癖でボサボサの頭、伸び放題の無精ヒゲ。
トレーナーの裾をめくりあげ腹をぼりぼり掻きながら大口開けて欠伸をする我が家の大黒柱。
コイツは趣味云々じゃない、問題外だ。
「アーロン、メシは?」
「もう何もないな」
即答されて口を尖らせる姿には大黒柱のだの字も見当たらない。
「おめえは?」
「オレはもう食べた。アーロンのオムライス、マジうまかった~」
悔しがるようにわざと得意げに言ってやると、オヤジはニイッと不気味に笑った。
「…なんだよ」
「どーせまたケチャップでウサギさんでも描いてもらったんだろ」
「いつの話してんだよ!それはガキの頃だけ!」
「どーだかな、まだまだケツの青いガキじゃねえか」
ヘラヘラ笑うオヤジをムッとして睨みつけると、大きな溜め息が聞こえた。
マズイ。
二人して恐る恐るアーロンに視線を向ける。
近頃オレ達の喧嘩はいつもアーロンの怒りで終幕を迎える。
溜め息はその前兆だ。
我が家の食生活はアーロンに掛かっている。
この前喧嘩した時は3日間ほぼカップラーメンで過ごす羽目になった。
「オ…オレ達、別に喧嘩してないっスよ?」
慌てたオレの言葉にオヤジも頷く。
「そーそー、なんつーか、アレだ、親子のスキンシップみてえなもんだ」
触れ合ってはいないだろと突っ込む余裕も今はない。
アーロンはもう一度大きく溜め息をついた。
サングラスの奥の鋭い目を固唾を飲んで見守る。



「熊だ」


「…は?」
「ティーダに描いてやったのはじゃなくてだ」

多分、オレ達親子はこの上なく間の抜けた顔をしていたに違いない。
アーロン…
そんなに熊が好きなのか?
そんな事を考えてるオレの横でオヤジが頭を捻る。
「熊ァ?どう見たってありゃウサ…イデッ!
足を思い切り踏ん付けてやるとその場でうずくまった。
これ以上怒ったらどうするんだっての。


「仕方がない…残りものしかないが、何か作ってやるから待ってろ」
本当にしょうがない、といった顔でアーロンが冷蔵庫に向かう。
「お!アーロンちゃん、愛してるぜ♪」
「やめろ、気色悪い。それから『ちゃん』は寄せと言ってるだろう!」
「ヘイヘイ…わかったよアーロンちゃん」
アーロンはウインクしてみせるオヤジを無言で睨んでから、諦めたように料理に取り掛かった。
でもオレ、見えたんだよな。
背中を向ける間際にアーロンの口許が緩んだ瞬間が。

ずっと不思議に思ってる事があったんだ。
なんでアーロンはオヤジなんかと一緒に暮らし出したんだろうって。
ボサボサ頭のままソファに胡座をかくオヤジはお世辞にも褒められる所が見当たらないのに。


そうなんだ。
アーロンは、本当に、趣味が悪い。


END



思い付きで書いてみるの巻。
あ、あの、ティーダはアーロン批判してるわけじゃないです<趣味が悪い
ついでにいうとジェクアロのつもりもなかったり。
ティーダはジェクトを『ダメオヤジ』と思ってるから、アーロンがなんでジェクトとつるんでる(?)のか不思議なわけで。
だから、趣味が悪いんだから、と呆れつつも笑ってしまうような感覚で『趣味が悪い』と言ってます(笑)
もっとショートギャグ風味にしたかったのに考えなしに書くもんだから狙いとは違ってしまったけど…ま、それもご愛嬌ということで。
久々のSSが何故ブログかというと、愛国に携帯でアプするのはシンドイから(死相)
気が向いたら移植します。
で、どーせブログに書くならとフォントに装飾してみる。
…煩いかも(自爆)
[PR]
by wassupbaby | 2006-01-15 01:24 | 更新履歴