調子どーよ的日記風味。


by wassupbaby

ゴールドベルク変奏曲

読む本に迷って某Kさんが好きだとおっしゃられていた有栖川有栖を買ってみた。
名前は聞いた事あるし、本を紹介する雑誌でもファンがとても多いです。
その中で『46番目の密室』を読んでいたら『ゴールドベルク変奏曲』という曲が取り上げられてた。
私は聞いた事ない曲なんだけど、不眠のとある伯爵の為にバッハが作った子守唄なんだそーだ。

クラッシックは指揮者と演奏者によってイメージがものすごくかわる。
私は誰でも知ってるベートーベンの『運命』が大好きなんだけど、ずっと聴いていたのがカラヤンが指揮をしていたもの(演奏はベルリンフィルハーモニーか?)なので、カラヤンが1番落ち着いて聞ける。
前に数名の指揮者の作品(演奏団体も人数構成もバラバラ)の冒頭部だけを授業で聞き比べしたけど、あまりの違いに驚いたもんです。

さて、『ゴールドベルク変奏曲』ですが。
作品中で取り上げられていたのはグールドという演奏者のものでした。
曲を知らないから演奏形態もわからないわけで、とりあえずグールドはピアノ演奏らしい、という知識を貰っただけなわけです。
最近夜眠れない日が続いてる私には不眠な人の子守唄っていう説明に惹かれまして(笑)
昨日出掛けた帰りに古本屋で何気なくCDコーナーを見たら、あった!!
クラッシックは好きな方だけど曲調やら演奏形態によってはあまり好きになれないものも多い私。
だけど数少ないクラッシックCDの中にあったそれはちょうどグールドのもの。

これは運命じゃなかろーか。

単純なので買いました(笑)
早速夜聴いてみるとピアノ独奏って今まであまり好んで聴く事がなかったんだけど、なかなかどーして。
確かに眠る時にボリューム絞って聴くといいかも。と気に入りました。



眠れはしなかったけどね(爆)
[PR]
by wassupbaby | 2006-06-20 15:45 | 本日のアレコレ