調子どーよ的日記風味。


by wassupbaby

一日千秋

前にも日記に書いたことがありますが、この言葉を初めて知ったのはそう昔の事ではなく
それはどういう意味?と聞いた私に『一日会えないということは千の秋を過ごすのと同じこと』と教えてくれたのがゴーグル親父でした(笑)
昔の人はすごいと思ったものです
たった4文字にそれだけの意味を込められるなんて
秋はなんだか物悲しい。と思う私は痛く感銘を受けた記憶があります
時代を越えても人が感じる気持ちは同じなんだなあと
当時仕事の事で落ちていた私の支えとなってくれていたゴーグル親父
まったりと話をしてると自然に心が落ち着いて和やかな気持ちになれたものです
暫く逢えない日が続いて
それはたいして長い時間じゃなかったものの、毎日のように顔を合わせていたので久しぶりの再会のように感じて
その時に教えて貰った言葉
そんな言葉を教えてくれた親父に出逢えて良かったなあと思いました
もちろん、今でも。

毎年秋が来るとあの日々への感謝と共に思い出します
『一日千秋』


今年はまだ秋を感じてないような。
それより既に毛布が欲しい位。
寒がりなので(笑)

晴れているのに風が冷たくて空気が引き締まってるように感じたり、
ニットを着込んで黄色く彩られた並木道を歩いたり、
冬の入り口が見え隠れするその頃に、ふと感じる何か。
秋は情緒溢れる季節ですねえ。
そんな時、日本人だなあと思います(笑)
[PR]
by wassupbaby | 2005-10-25 01:04 | 本日のアレコレ